エクセルの代わりになる無料のフリーソフト

仕事には必須の表計算ソフト、エクセル。新しく買ったパソコンにエクセルがついていなくて困ったという方のために役立つ無料のフリーソフトをご紹介します。

 

エクセルを利用したいけど購入するにはちょっと・・・、とお考えの方にお勧めなのが、無料でエクセルの代りが出来るソフト。フリーソフトにもエクセルの代りになるソフトがあります。
また購入する必要はありますが、Microsoft Officeに比べるとずっと格安で購入できるOffice互換ソフトもあります。その代表的なものをいくつかご紹介します。

エクセル互換オフィスソフトの分類

 

代替ソフトには、パソコンにインストールして使うソフトと、インターネット環境で使うクラウドソフトの2種類があります。

インストールして使うソフト(ネット環境不要)

  • フリーウェア:OpenOffice.org 
    OpenOffice.orgについてはこの後詳しくご紹介します。
  • 低価格ソフト:Kingsoft Office 2010 
    kingsoft Office 2010はお試しでインストール後一ヶ月は無料で使え、エクセルのような表計算機能だけなら1,980円。ワープロ・表計算機能で3,480円から使える互換ソフトです。フリーウェアではちょっと不安だという方やよりパワーポイントに似た操作環境を望む方にはお勧めのソフトです。
    キングソフトオフィス2010

 

 

ネット上で登録して使うクラウドソフト(ネット環境が必要)

  • 高機能のZoho Sheet
    クラウドソフトとしてはZoho Sheetがお勧めです。
    非常に多機能で、パソコンにインストールする必要もなく、インターネットが常時使える環境で作成出来るならば、これが一押しです。
    基本的操作はエクセルと同じ感じで使えます。
    これについては後日詳しくご紹介します。
    関連ソフトのプレゼンテーションソフトZoho Showについてはこちらをごらんください。
     
  • 基本機能に絞ったGoogleスプレッドシート
    Zoho Sheetと同じく表計算に使えるクラウドソフトにGoogleドキュメントのGoogleスプレッドシートがあります。
    これについては後日詳しくご紹介します。
    関連ソフトのGoogleドキュメントのプレゼンテーションについてはこちら

 

OpenOffice.orgのインストール

OpenOffice.orgのダウンロードは
http://ja.openoffice.org/
から行ないます。
2011年2月ののバージョンは3..3.0となっています。
Windowsの場合、
Windows用 JRE付属(推奨)[149MB]
と書かれているものをダウンロードしてインストールします。
インストールにはちょっと時間がかかりますが、指示に従って気長に行いましょう。

起動すると、登録画面等が出てきます.
ユーザー名、オンライン更新、登録の設定を行いますが、ユーザー名は適当な名前のみ、オンライン更新はお好みで、登録もお好みで、「登録しない」でも問題なく利用できます。