パワーポイントの代わりになるフリーソフトのダウンロード

パワーポイントを利用したいけど購入するのはちょっと・・・、とお考えの方にお勧めなのが、無料でパワーポイントの代りが出来るソフト。フリーソフトにもパワーポイントの代りになるソフトがあるのです。

メニュー

パワーポイントの代わりになるフリーソフト

パワーポイントを利用したいけど購入するにははちょっと高すぎる・・・、とお考えの方にお勧めなのが、無料でパワーポイントの代りが出来るソフト。フリーソフトにもパワーポイントの代りになるソフトがあります。また購入する必要はありますが、Microsoft Officeに比べるとずっと格安で購入できるOffice互換ソフトもあります。その代表的なものをいくつかご紹介します。

パワーポイント対応オフィス互換ソフトの分類


パワーポイント代替ソフトには、パソコンにインストールして使うソフトと、インターネット環境で使うクラウドソフトの2種類があります。

インストールして使うソフト(ネット環境不要)


ネット上で登録して使うクラウドソフト(ネット環境が必要)

OpenOffice.orgのインストール

OpenOffice.orgのダウンロードは
http://ja.openoffice.org/
から行ないます。
2010/03/15のバージョンは3.2となっています。
Windowsの場合、
Windows用 JRE付属(推奨)[147MB]
と書かれているものをダウンロードしてインストールします。
インストールにはちょっと時間がかかりますが、指示に従って気長に行いましょう。

起動すると、登録画面等が出てきます.
ユーザー名、オンライン更新、登録の設定を行いますが、ユーザー名は適当な名前のみ、オンライン更新はお好みで、登録もお好みで、「登録しない」でも問題なく利用できます。
「ようこそ
Openoffice.org」
という画面が出てきたら、
「プレゼンテーション」
のアイコンをクリックします。

使い方については、最初のうちは表示されるウィザード画面で「テンプレートから」を選んで、その中で表示されるものをいじって覚えてみるといいでしょう。ウィザードを今後も利用したいときは、「今後このウィザードを表示しない」のチェックは外しておくとよいでしょう。

パワーポイントとは

パワーポイントとはプレゼンテーションソフト、略してプレゼンソフトの代表です。
人の前に立って説明をすることをプレゼンテーションといいますが、そのときに図や表などの様々な情報を見てもらいながら進めていくとわかりやすい説明をすることが出来ますよね。そんなとき、役に立つソフトがプレゼンテーションソフトです。
文章、図、表などを順番に、時にはアニメーションさせながら、自動的に、あるいは説明者の命令に合わせて画面に表示させることが出来るようになるソフトです。

近頃は仕事のプレゼンテーションに使うことはもちろん、お子さんが学校の授業でパワーポイントを使って作品作りをすることもあるほどです。

そこでご自宅でも使ってみよう、というときに困ったことになります。多くのご家庭でお使いのパソコンにはパワーポイントは搭載されていないのです。パワーポイントは多くのパソコンに最初から搭載されているMicrosoft Office(マイクロソフト オフィスの一つです。あなたのご利用のパソコンにもたぶんWord(ワード)、Excel(エクセル)が入っていませんか。Word(ワード)、Excel(エクセル)は入っていても、パワーポイントは入っていない、一般家庭用に市販されてきたほとんどのパソコンにはパワーポイントが付いてこなかったのです。

仕事のため、お子さんの宿題のためにパワーポイントを購入しようとすると、これが高い!パワーポイントの価格はなんと2万円以上するのです。しかも、現在購入できるのはOffice2007バージョン。多くの方がまだまだ利用している2000,XP,2003などのバージョンはもう販売されていません。Office2007は今までのOfficeとは操作感がかなり違い、Officeを使い慣れた方でも苦労するほどです。

無料でもスゴイ

OpenOffice.orgはMicrosoftOfficeに負けない無料ソフトを作るために開発されているので、Officeを使い慣れている方にはさほど違和感なく利用することが出来ます。
それぞれのソフトの呼び名は異なっていて、

Writer(ライター)= Word(ワード)
Calc(カルク)= Excel(エクセル)
Impress(インプレス)=Powerpoint(パワーポイント)
Base(ベース)= Access(アクセス)

に対応しています。
更に、Officeの図形描画機能を大幅に性能アップして一つのソフトにしたDraw、複雑な数式を作成出来るMathなど、MicrosoftOfficeよりも性能が上のソフトまであります。
パワーポイントに対応するインプレスはパワーポイントと比べて
アニメーションの表現力が低い
テンプレートの数が少ない
などが欠点ですが、この点を割り切って使えば迷わずにすむ分、パワーポイントよりもわかりやすいともいえます。
また、今までのOfficeになくOpenOffice.orにある便利な機能として、PDF出力機能があります。プレゼンテーションしたデータをPDF形式にすることで印刷して使ったり、プレゼンテーション後に配布したりしやすくできます。この点はMicrosoftOfficeよりも便利でしょう。